LAN配線工事

弱電業者の責任施工するLAN配線工事

LAN工事は電話業者が安心です。

電話業者はITの普及にともなって、古くから通信工事に携わり、LANの知識も豊富です。
あまり知られていませんが、建築では弱電といい、電話とLANは同じ経路で工事します。

電話業者は、電話工事とLAN工事を同時におこなえる専門家ともいえます。

LAN工事のご案内

パソコンでLANを構築するためにケーブルを張り巡らせる工事がLAN工事です。
LAN工事にはケーブル配線だけではなく、フロアーの配管、中継ボックス、幹線の敷設工事も含みます。

LAN配線関連の工事

  • 通信線の引き込み工事|光回線
    通信線の引き込み
    電柱から室内に入った通信線を所定の場所までもってくる。
     
  • 階(フロアー)違いの配線
    階(フロアー)違いの配線
    フロアー間の配線で床と天井、建物の繋ぎ目などで配線が困難な場合。
     
  • LAN工事天井配線
    天井配線
    天井裏の見えない場所を長距離通すケーブル配線。
     
  • OAフロア・フリーアクセスLAN電話工事
    OAフロアの配線整理
    OAフロアで使用してるケーブルは長さがまちまちの為、ケーブルを再利用するより引き直し整理します。
     
  • CD管・PF管・中継ボックス・貫通工事
    新しい配線経路をつくる
    配線経路がない場合、壁の貫通や中継ボックス・配管で新たな経路をつくる工事です。
     
  • 無線LANアクセスポイント取付工事
    無線LAN機器の取付
    無線LANのアクセスポイントを天井配線し壁に取付する。
     

配線が通りにくい場所には、故障時の予備ケーブルを提案します

配線が通りにくい場所や幹線で経路に余裕がある場合、万が一の故障に備えてもう1本予備のケーブルを提案します。

オフィスはLANで、より便利に!

有線LAN配線とネットワーク機器

通信機器のLAN接続

  1. パソコン(PC)
    複数台をLAN接続することでデーター共有し業務の効率化が期待できます。
  2. 複合機
    コピー・FAX・プリンター・スキャナー機能が一体となった機器です。FAXはパソコンに取り込めるようになり紙資源の節約ができます。
  3. ファイルサーバ
    バックアップ機能を持ったファイルデーターのやり取りをする機器です。
    小規模オフィスに低コストで導入しやすい、ネットワークハードディスク(NAS HDD)などがあります。
  4. ネットワークカメラ
    パソコンの画面に映し出し画面上でカメラの方向を変えれます。
    音声に対応しいて、インターネット経由で離れた場所から閲覧できるのが特徴です。
  5. 無線LAN Wi-Fi(アクセスポイント)
    Wi-Fi規格の小型端末を活用するのに多く普及しています。
    特に、電源不要のPoE給電対応の製品は取付場所の自由度の高さから人気です。
  6. デジタルサイネージ(電子看板)
    駅や病院、商店などでよく見かける平面ディスプレイやプロジェクタを使った映像や広告を表示する電子看板です。Wi-Fiで通信していることも多く設置場所の自由度が広がっています。

電話業者の安心で安全なLAN工事

安心で安全な工事とは

建物にLAN専用の配線ルートがない場合、既設の電話設備を利用して配線するのが一般的です。
たとえば配管への入線工事です。
すでに電話線が配線されている配管に、LANケーブルを追加入線する場合、電話業者でないと電話のトラブルに対応できません
径の細い配管に入線をする際、電話線との摩擦が少なからず生じてしまいます。引っ張られて外れたり電話線に傷が付き断線することも想定されます。この場合電話線の引き換え故障場所の特定が即座に可能です。
また電話業者は電話線の故障が起きないように事前に対策をすることができます。

他のケーブルが既にある配管、LANケーブル入線リスクを回避します。電話線があっても大丈夫です。

LAN設備を工事する際に求められること。

現在家庭でよく目にするLANケーブルを使った通信設備は、まだ十数年ほどで技術面でも発展途上にあります。
LAN設備に求められているものは「故障時の迅速な対応」と「進歩する機器への対応」という2つの課題が挙げられます。
ナノテックサービスでは将来を想定し、より安心で安全なLAN工事をご提供します。

配線の基本的な考え方は”垂直”と”並行”です。

配線は、建物や床に対して垂直並行にできるだけ配線します。
これは「斜め配線は厳禁」「緩やかに角をとる」ということです。
この配線を心がけることで、故障につながる線同士の摩擦や引っ張りを軽減できます。
特にお客様から見えない場所ほど細心の注意で配線します。
※経路によっては、やむを得なくできない場合もございますのであらかじめご了承ください。
lan配線は垂直と並行で故障を軽減します

故障時の迅速な対応のために

予備ケーブル無料・繋ぎが見える化・LAN経路図

  1. 予備ケーブルの無料サービス
    メタルLANケーブルの配線で再度工事が困難な重要ルートの場合、ご希望により追加のケーブル(Cat5e)1本※を振り替え用として無料サービスします。※振り替え用1本分が通る余地がある場合に限ります。
  2. LAN設備の「見える化」
    HUB中継ボックスの「見える化」は、あえて繋ぎの箇所を隠さないことでケーブルの良否判定をしやすくします。
  3. 経路図の作成
    工事が複数経路の場合、札付けと共に経路図の作成をしています

進歩する機器への対応のために

ケーブル固定は最小限、LANケーブルの規格を適合する

  1. ケーブルの固定は最小限
    ケーブルの固定箇所が多すぎることは、ケーブル引き換えのときに邪魔になります。ケーブルを整理する為の固定以外は最小限にしています。
  2. 設置する機器に合わせたケーブル規格
    ケーブルの規格が不十分で取り付ける機器のスペックが満たされない場合があります。事前に調べて適合ケーブルを選択します。

配線の注意点

LANケーブルのつなぎは避ける。斜め、きつい曲がり、電源に注意して配線

  1. 埋め込みモジュラーについて
    埋め込みモジュラーは故障がおきやすい「つなぎ箇所」のひとつになる為、常時端末を繋いでいる箇所には取付しません。※管理上取り付ける場合もあります。
  2. 配線経路の注意点
    他のケーブルと干渉する斜め配線、ケーブルに負担がかかる曲がりのきつい配線、電源線との距離に注意して工事します。

LANケーブル(Cat カテゴリー)

LANケーブルには、メーカーごとに工夫したカテゴリ(Cat)規格の構造になっています。
とくにCat6A10GBASE-Tの性能をもっていて安定した通信速度を確保するため、ノイズに強いシールド構造を持った次世代通信の主流と予想されるケーブルです。

Cat6A/Cat6/Cat5e構造比較
構造比較【参考メーカー】TSUKO通信工業株式会社

コネクタプラグRJ45

コネクタプラグRJ45とはLANケーブル先端に取り付ける8極8芯の差込プラグのことです。
このプラグは多くのメーカーから出ていますが、中には「差し込んでガタがある」「ロックツメがすぐ壊れた」「差し込めない」なんてこともあります。
そうならないために、企業向けLAN工事に実績のあるコネクタプラグを使用します。
【メーカー例】AMP(アンプ)、PANDUIT(パンドウィット)、その他

RJ45プラグ

問い合わせに関して

  1. ご依頼は問い合わせフォームからお願いします。
    お問い合わせフォームはこちらから
  2. 電話でのお問い合わせについて
    ナノテックサービスでは、技術的なご相談に対してスムーズにお答えするため、ITコンシェルジュ[技術者]への直通電話で対応いたします。
    作業中などで、すぐに電話に出ることができない場合がございます。予めご了承ください。
ITの総合相談

専門用語集

弱電

電気工事には強電・弱電があります

電気を使用する分野で強電・弱電は区分されています。
電力をエネルギーとして使用している分野を「強電」といいます。家電製品でしたら電灯照明、洗濯機、冷蔵庫、掃除機などが強電の分野です。

これに対して「弱電」は電気を機器の制御や情報の伝達の分野で、電話、コンピューター(PC)、ラジオ、インターホンなどです。

電気には弱電と強電があります

弱電工事とは

「弱電」は、通信・制御・情報に関する分野で、主に電気的な信号を伝えたり機器を制御したりと幅広く人々の生活に関わっています。
使う電線も信号のやり取りをするため細く、周囲の環境の影響を受けやすい為、専用の設備を設けています。
最も古くからの弱電工事としては、放送設備、電話設備です。また今日では、警備設備、報知器、コンピューターなどの設備も弱電工事として扱われています。

LAN

LANとは

オフィス業務の効率化を考える上で、パソコンのデータ共有は必須です。
そのデーターのやり取りを行うものをLAN(ローカルエリアネットワーク)と呼びます。

企業が中心に構築されていたLANが、一般の方々に知られてきたのは90年代後半へさかのぼります。当時、 パソコンのインターネットがダイヤルアップ(アナログ回線)だったころ、データーのやり取りにパソコン・端末同士をケーブル繋ぐLAN(ローカルエリアネットワーク)も普及してきました。

LAN用ケーブルと機器

LANで使う通信ケーブルは、UTP/STPケーブル(金属ケーブル)と、長距離に有効な光ファイバーケーブルです。主な機器は、メタルケーブルにはHUBやルーター、光ファイバーケーブルには光メディアコンバーターなどです。使い分けとしては、UTPケーブルの最長距離は100mまで、それ以上は光ファイバーになります。

メタルケーブルの種類

一般的にイーサネット用として普及しているケーブルは、UTPケーブル(非シールド対撚り線)とノイズから守る処理を施しているSTPケーブル(シールド対撚り線)です。

UTPケーブルの通信規格

UTPケーブルには、さまざまな通信規格が存在します。
通信は信号の送り合いをすることで周りにあるノイズの影響を受けやすいものです。
現在規格の表記はCAT(カテゴリ)で、CAT5e、CAT6、CAT6Aと使用する機器に合わせて選択します。

ITの総合相談

業種別サポート・サービス実績一覧

お急ぎの方はお電話で、技術者がお答えします!メールフォームからお問合わせ

お急ぎ訪問エリア

兵庫県

神戸市垂水区 神戸市須磨区

神戸市長田区 神戸市兵庫区

神戸市中央区 神戸市灘区

神戸市東灘区 神戸市北区

神戸市西区

尼崎市 西宮市 芦屋市

伊丹市 宝塚市 川西市

三田市 川辺郡猪名川町

丹波市 多可郡多可町

神崎郡市川町 神崎郡福崎町 

明石市 加古川市 高砂市

加古郡稲美町 加古郡播磨町

三木市 小野市

揖保郡太子町 姫路市

西脇市 加西市 加東市

洲本市 南あわじ市 淡路市

大阪府

大阪市 池田市 豊中市

吹田市 箕面市


お気軽にご相談ください。